貸倉庫なら展示場を兼ねた事務所にもできる

subpage01

ビジネスでは、多くの顧客に足を運んでもらうのが1つの成功パターンになっています。

朝日新聞デジタルの相談ならココです。

インターネットなどの誰でも気軽に見られる媒体での宣伝広告も効果的ではありますが、やはり対面式での商談が一番有効です。



わざわざ足を運んでくれた時点で購買意欲が高いので、見込み客に集中的に応対できる点も成功しやすい理由となっています。
貸倉庫には様々な物件があるため、商品の販売もできる展示場を兼ねた事務所というニーズにも応えられます。

たとえば、交通アクセスが良好な場所の貸倉庫を借りれば、それだけで気になっている人が立ち寄りやすい環境にできるのです。需要が大きい商品を扱っている場合は、あえて郊外で大型駐車場がある貸倉庫を選んで、その分野の商品を一度に見られる展示場にしてしまうのも、効果的な方法となります。
自分のビジネスモデルに応じて、自由自在に貸倉庫を借りられるから、アイディアができた時にすぐに形にできるのが最も大きなメリットです。

予定よりも収益が上がらなかったら、いったん貸倉庫をやめることで毎月の出費を減らせるので、気軽に色々なプランを試せます。



物件の種類としても、世間一般ですぐにイメージされる倉庫型から、建物内で区切られた部分を利用できるビル型まで、幅広いジャンルの中から選べるのが現状です。起業時には小さな物件を借りて、事業が軌道に乗ったら改めて大きな物件に移ることも、自分で所有していなければ簡単に実現できます。